ホーム > COPDの症状 > COPDの治療

COPDの治療

現時点でCOPDを根本的に治し、もとの健康的な肺に戻す治療法はありませんが、少しでも早い段階で病気に気づき適切な治療を開始することで健康状態の悪化と日常生活の障害を防ぐことができます。COPDの治療法としては、禁煙、薬物療法、呼吸リハビリテーションなどが行われます。さらに重症になれば、酸素療法や外科療法が行われることもあります。また、ぜんそくを合併している場合や骨粗鬆症、心・血管疾患、消化器疾患、抑うつが併存する場合、肺合併症がある場合にはそれらの疾患を考慮した治療が必要になります。

治療を受けるにあたって

治療効果を高めるため、また症状の変化に対応するため、COPDという病気の理解が重要なことは言うまでもありません。患者さん本人だけでなく家族の方も、医師などの話をよく聞き、病気や治療のことをきちんと理解してください。
日常の生活にあたっては、体重が落ちないよう、栄養管理も大切と言われています。

禁煙

COPD治療の第一歩は禁煙です。喫煙を続けるかぎり、病気の進行を止めることはできません。まずは、きっぱりとたばこをやめることが重要です。
たばこに対する依存性の強い人はニコチンパッチやニコチンガムなどのニコチン代替療法や、専門医の指導のもと非ニコチン製剤の飲み薬を使って、禁煙する方法もあります。
一定の条件を満たせば、禁煙治療は保険適用の対象となります。

ワクチン

COPD患者さんは、感染症が重症化しやすくかつCOPDの増悪原因となることから、ワクチンの接種が重要です。
増悪を防ぐためのワクチンにはインフルエンザワクチンと肺炎球菌ワクチンの2種類があります。特にインフルエンザワクチンは重篤な増悪を減少させ、死亡率も約50%減少させると報告されています。また、インフルエンザワクチンと肺炎球菌ワクチンを併用することによって、インフルエンザワクチン単独の場合に比べCOPDの感染性増悪の頻度が減少することが報告されています。すべてのCOPD患者さんとその家族、介助者にも接種をおすすめします。

薬物療法

COPDの治療目標は病気の進行をくい止めて、QOL(quality of life:生活の質)を改善し、少しでも健康的な生活が送れるようにすることです。COPDでは気管支が収縮し、呼吸が苦しくなります。このため、気管支を拡げて呼吸を楽にする気管支拡張薬が薬物治療の中心となります。その他、たんをとる喀痰調整薬、感染症を防ぐ抗生物質や、増悪を繰り返す場合には吸入ステロイド薬を使用することもあります。

  • 気管支拡張薬
    短時間作用性抗コリン薬および短時間作用性β2刺激薬
    短時間作用型の気管支拡張薬は運動時や入浴時など日常生活での呼吸困難の予防に有効です。気管支を拡げる作用は抗コリン薬の方が強く、気管支を拡げる効果はβ2刺激薬の方が速くみられます。
    長時間作用性抗コリン薬
    COPD患者さんで最も効果を示す気管支拡張薬と考えられています。長期間使用しても効果が弱まることがありません。長時間作用性抗コリン薬は、1回の吸入で作用が24時間持続し、1秒量や努力肺活量の改善効果が翌朝まで認められます。長期的には、COPD患者さんの疾患の進行や死亡率を抑制する可能性が報告されている薬もあります。一方、閉塞隅角緑内障の患者さんでは禁忌であり、前立腺肥大症患者さんの排尿困難症状を悪化させることがあります。
    長時間作用性β2刺激薬
    β2受容体を刺激することで気管支平滑筋に働き気道を拡張します。吸入型の長時間作用性β2刺激薬は1回の吸入で作用が12~24時間持続し、長期間使用しても効果の減弱を認めません。わが国では、効果は劣るものの夜間症状やQOLの改善に優れた、貼付型のβ2刺激薬も使用されます。
    メチルキサンチン
    一般的に1秒量の改善効果は吸入の気管支拡張薬より小さいとされますが、末梢気道の拡張作用や呼吸筋力の増強作用が報告されています。また、低用量テオフィリンは気道の炎症細胞を減少させることが示されています。
  • ステロイド(グルココルチコイド)
    長期間作用性β2刺激薬 / 吸入ステロイド薬配合薬
    長期間作用性β2刺激薬 / 吸入用ステロイド薬配合薬は、それぞれ単剤で使用するよりもCOPD患者さんの呼吸機能や運動耐性能、呼吸困難感を改善し、増悪頻度も減少させます。長期的には気流閉塞の進行を抑制する可能性が報告されています。
    ステロイド薬の経口・注射投与
    増悪時には経口あるいは注射によるステロイド薬投与が有効です。抗生物質と併用されることもあります。
  • 喀痰調整薬
    COPDの増悪頻度と増悪期間を減少させることが示されています。
  • マクロライド
    COPDの増悪を抑制することやQOLを向上させることが報告されています。

呼吸リハビリテーション

呼吸リハビリテーションは、呼吸器の病気によって生じた障害を持つ患者さんに対して、可能な限り機能を回復、あるいは維持させ、これにより、患者さん自身が自立できるように継続的に支援していくための医療です。その中でも中心となるのが運動療法で、自覚症状の軽減、運動能力の向上、QOLの向上といった効果が期待できます。

酸素療法

肺機能の低下が進むと、普通の呼吸では十分に酸素を取り込めなくなり、低酸素血症を起こし、呼吸不全という症状に陥ります。家庭で持続的に酸素を吸入する在宅酸素療法を行うことで、患者さんのQOLが向上し、生存率が高まります。
在宅酸素療法の適応となる患者さんの多くはⅣ期(極めて高度の気流閉塞)です。薬物療法などを行っても、1ヵ月以上低酸素血症が持続している人で、通常の呼吸で動脈血の酸素分圧が55Torr以下の場合、あるいは動脈血の酸素分圧が60Torr以下で、運動時や睡眠時に顕著な「低酸素血症」を起こす場合です。さらに、病態が安定しており、他に入院などして治療する必要がないことも条件となります。また、医学的な適応条件だけでなく、患者さん本人の自己管理能力や、住まい、介護者の有無、生活パターンなど、多面的な条件を考慮する必要がありますので、医師とよく話しあってください。

外科・内視鏡手術

COPD治療の中心は内科的治療ですが、さまざまな内科的治療を行っても症状が改善しない場合、外科的な治療が行われることもあります。COPD患者さんは、肺胞が破壊され、弾力性を失って、肺が膨張しています。一部だけが膨張した肺を縮小させるために、極度に破壊された肺の一部(20~30%)を切除する手術が行われます。その手術には、開胸しないで胸腔鏡を用いる方法も使われます。
外科的治療がすべてのCOPD患者さんに効果があるわけではなく、また根本的な治療でもないため、十分に医師や家族とともに検討することが必要です。

災害時の対応

地震などの災害時の対応については、平常時から起こりうる状況を想定し、対策を準備しておくことが重要です。
特に、在宅酸素療法などの在宅で機器を使う治療を行っている場合、酸素供給が途切れるなどした場合の行動について、患者さん本人に加えて家族の方やヘルパーなども、平常時から以下のような項目について把握し、準備しておくことが重要です。

  • ボンベなどの備蓄と切り替えのタイミングや動作、酸素なしで許容される時間
  • 口すぼめ呼吸のトレーニング(酸素供給が途絶えた際の不安や低酸素血症の緩和に有効)
  • パルスオキシメーターの使用と考え方
  • 酸素吸入量の調節の許可についての確認
  • 病院や酸素業者への緊急連絡の方法
  • 避難先
  • 薬剤が切れたときの対処法

また、在宅酸素療法を行っているCOPD患者さんの場合には、酸素供給が途切れてもすぐには問題は起こりませんので、実際に災害が起きたときにはパニックにならずに落ち着いて対処することが大切です。

増悪期の管理

COPDでは、呼吸困難、せき、たんなどの症状が短期間で急激に悪化することがあります。呼吸困難が悪化する、たんが増える、たんが粘っこくなるなどの症状が急に現れたら、なるべく早めに受診しましょう。

参考: GOLDガイドライン2013
COPD(慢性閉塞性肺疾患)診断と治療のためのガイドライン第4版(日本呼吸器学会)