ホーム > 世界COPDデーとは

世界COPDデーとは

世界COPDデーは、2002年にCOPD(Chronic Obstructive Pulmonary Disease;慢性閉塞性肺疾患)の研究と啓発に力を注ぐ世界的な組織GOLD(Global Initiative for Chronic Obstructive Lung Disease)の主唱のもとに定められました。

COPDは、世界的に主要な死亡原因の1つでありながら、社会的な認知が十分とは言えない疾患です。

COPD問題への適切な対応のために、医学会、専門医、患者団体などが協力して、COPD啓発に向けたさまざまな活動を行っていこうということが、世界COPDデーの主旨となっています。

GOLDは、毎年11月中旬の水曜日の1日を世界COPDデーと定めており、この日に向けて世界各国でCOPDへの関心を高める活動を行っています。日本でも世界COPDデーが制定された2002年からこれまでさまざまな活動を行ってきました(日本での活動2002~2016)。

2017年の世界COPDデーは11月15日(水)です。この日に中心に、世界各国でさまざまな啓発イベントが実施されます(参考:日本での活動2017)。