ホーム > 統計資料 > 喫煙に関する統計資料

喫煙に関する統計資料

日本人の喫煙率(2016年)

厚生労働省の統計によると、現在習慣的に喫煙している人の割合は、男性では30.2%でした。男性で最も喫煙率が高い年代は30代で42.0%、続いて40代の41.1%となっています。女性の喫煙率は8.2%で、30代~40代で最も高く、13%台でした。
全体の喫煙率は18.3%で、2015年とほぼ同じでしたが、男女とも60代未満では上昇しています。特に、男性の40代、女性の30~40代では2~3%の増加がみられました。
2003年からの推移でみると、喫煙率は男性・女性・総数のいずれのカテゴリーでも増減はあるものの、ゆるやかな低下傾向にあります。

参考:http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kenkou_eiyou_chousa.html


喫煙の状況

img_statistics_graph04_16_01.png

 

喫煙率の年次推移

img_statistics_graph04_16_02.png

 

(出典: 厚生労働省 国民健康・栄養調査 2016年)