ホーム > 統計資料 > 喫煙に関する統計資料

喫煙に関する統計資料

日本人の喫煙率(2017年)

厚生労働省の統計によると、現在習慣的に喫煙している人の割合は、男性では29.4%でした。男性で最も喫煙率が高い年代は30代で39.7%、続いて40代の39.6%となっています。また、女性の喫煙率は7.2%で、40代で最も高く12.3%でした。
全体の喫煙率は17.7%で、2003(平成15)年からの推移をみると男性・女性いずれのカテゴリーでもこの10年で有意に低下しており、2017(平成29)年に最低値を更新しています。

参考:http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kenkou_eiyou_chousa.html


喫煙の状況

 

img_statistics_graph04_17_01.png

 

 

喫煙率の年次推移

 

img_statistics_graph04_17_02.png

 

 

(出典: 厚生労働省 国民健康・栄養調査 2017年)