ホーム > 統計資料 > COPD認知度把握調査結果

COPD認知度把握調査結果

GOLD日本委員会によるCOPD認知度把握調査の実施

GOLD日本委員会では、2009年より11回にわたって、インターネットによるCOPD認知度把握調査を実施してきました。以下のとおり、その概要と結果をご紹介いたします。

 

調査の概要

 

1次調査

2次調査

方法

インターネット調査 

調査期間

【第1回】2009.7.23
【第2回】2009.12.14
【第3回】2010.12.6
【第4回】2011.12.8
【第5回】2012.12.14
【第6回】2013.12.16
【第7回】2014.12.8-10
【第8回】2015.12.1-2
【第9回】2016.12.1-5
【第10回】2017.12.10-12
【第11回】2018.12.3

【第1回】2009.7.27
【第2回】2009.12.15-16
【第3回】2010.12.7
【第4回】2011.12.9
【第5回】2012.12.15
【第6回】2013.12.17-18
【第7回】2014.12.9-11
【第8回】2015.12.2-3
【第9回】2016.12.2-5
【第10回】2017.12.12-13
【第11回】2017.12.4-5

調査対象

マクロミル社調査パネルの中から性(男・女)、年代(20代・30代・40代・50代・60歳以上)別に1,000人ずつを均等ランダム抽出した10,000人

予備調査でCOPDが「どんな病気かよく知っている」と回答した人の中から性(男・女)、年代(20代・30代・40代・50代・60歳以上)別に11人ずつを均等ランダム抽出した110人

調査内容

Q1. あなたはCOPD(シー・オー・ピー・ディー)という病気を知っていますか?
Q2. 「COPD」「慢性閉塞性肺疾患」「肺気腫」「慢性気管支炎」の中で聞いたことがある病気をお選びください。
Q3. あなたは「肺年齢」の検査について知っていますか?
Q1. あなたは喫煙したことがありますか?
Q2. COPD(シー・オー・ピー・ディー)という病気について知ったのはいつですか?
Q3. どのような経路でCOPDについて知りましたか?
Q4. COPDの原因の90%以上は喫煙であることを知っていますか?
Q5. 喫煙経験のある40歳以上の8人に1人は、COPDの可能性があることを知っていますか?
Q6. COPDの主な症状は慢性的な咳と痰(たん)、息切れであることを知っていますか?

 

COPD認知度とその推移(1次調査 Q1)

2018年12月に実施した調査で、「あなたはCOPD(シー・オー・ピー・ディー)という病気を知っていますか?」という質問に対して「どんな病気かよく知っている」「名前は聞いたことがある」と答えた人は、合わせて2,807人(28.1%)となった。COPDの認知度は調査を開始した2009年から17%台で推移していたが2011年には上昇に転じ、2013年の30.5%をピークに下降傾向となり、2016年には25.0%になった。2018年は2017年の25.5%からさらに2.6ポイントUPとなり上昇に転じる結果となった。また、「どんな病気かよく知っている」と答えた人は2009年の5.1%から2018年の10.9%へとなだらかな上昇が続き、「名前は聞いたことがある」と答えた人も2018年は2017年の15.9%から17.2%と1.3ポイント上昇した。

  • COPD認知度(2018年12月調査)
2018_01.png  

 

  • COPD認知度の推移
2018_02.png

 

 



「COPD」「慢性閉塞性肺疾患」「肺気腫」「慢性気管支炎」の認知度合い(1次調査 Q2)

2018年12月に実施した調査で、「COPD」「慢性閉塞性肺疾患」「肺気腫」「慢性気管支炎」の中で聞いたことがある病気を質問したところ、「肺気腫」が6,907人(69.1%)、「慢性気管支炎」が6,301人(63.0%)と高い結果となった。「COPD」(2,418人, 24.2%)と「慢性閉塞性肺疾患」(2,468人, 24.7%)は、ほぼ同数で、「肺気腫」に比べて聞いたことがある人は1/3程度という結果となった。

  • 「COPD」「慢性閉塞性肺疾患」「肺気腫」「慢性気管支炎」の認知度合い(2018年12月調査)
2018_03.png

 

 

肺年齢の検査の認知度とその推移(1次調査 Q3)

2018年12月に実施した調査で、「あなたは『肺年齢』の検査について知っていますか?」という質問に対して、「肺年齢の検査を受けたことがあり、自分の肺年齢を知っている」「肺年齢の検査について聞いたことがある」と答えた人は合わせて2,671人(26.7%)であった。2009年から2011年にかけての4回の調査では肺年齢の認知度は19%前後でほとんど変化がみられなかったが、2012年には26.2%に上昇し、以後26~28%台で推移している。2018年は2017年と変わらず26.7%であった。

  • 肺年齢の検査の認知度(2018年12月調査)
2018_04.png

 

 

  • 肺年齢の検査の認知度の推移
2018_05.png

 

 

喫煙経験の度合い(2次調査 Q1)

2018年12月に実施した調査で、喫煙経験について質問したところ、「現在、喫煙している」と答えた人は23.6%(26/110人)、「過去に喫煙していたことがある」と答えた人は31.8%(35/110人)で、合わせて55.4%(61/110人)となり、「COPDがどんな病気かよく知っている」と答えた人の半数以上が喫煙経験者という結果となった。

  • 喫煙経験の度合い(2018年12月調査)
2018_06.png 

COPDの認知時期(2次調査 Q2)

2018年12月に実施した調査で、「COPD(シー・オー・ピー・ディー)という病気について知ったのはいつですか?」という質問に対して、最も多かった回答は「3年以上前」の77.3%(85人)で、その割合は2017年(66.4%, 73人)より増加している。一方で、この1年の間に新たにCOPDを知った人は合わせて9.1%(10人)で、2017年(15.4%, 17人)より低下した。

  • COPDの認知時期の推移(2018年12月調査 vs. 2017年12月調査)
2018_07.png

COPDの認知経路(2次調査 Q3)

2018年12月に実施した調査で、「どのような経路でCOPDについて知りましたか?」という質問(複数回答)で回答が多かったのは「テレビ」52人、「医師や医療関係者から聞いて」46人、「インターネット」31人と、2017年と同じ順位となった。2017年と比べて主に「雑誌」「書籍」「講演会やイベントで」が減少し、2017年では伸びが大きかった「インターネット」もわずかに減少した。一方、「テレビ」「医師や医療関係者から聞いて」「家族・知人から聞いて」の増加は大きく、認知度上昇の要因となっている。
  • COPDの認知経路の推移(2018年12月調査 vs. 2017年12月調査)

2018_14.png

「COPDの原因の90%以上が喫煙である」ことの認知度(2次調査 Q4)

2017年12月に実施した調査で、「COPDの原因の90%以上は喫煙であることを知っていますか?」という質問に対して、「知っている」と答えた人は98人(89.1%)であり、COPDを知っている人の大部分がCOPDの原因を正しく認識しているといえる結果となった。この傾向は2009年の調査開始以来続いている。


  • 「COPDの原因の90%以上が喫煙である」ことの認知度(2018年12月調査)

    2018_08.png

  •  

「喫煙経験のある40歳以上の8人に1人にCOPDの可能性がある」ことの認知度(2次調査 Q5)

2018年12月に実施した調査で、「喫煙経験のある40歳以上の8人に1人は、COPDの可能性があることを知っていますか?」という質問に対して、「知っている」と答えた人は62人(56.4%)で、COPDを知っている人の半数以上は喫煙経験、年齢とCOPDの関連を正しく認識しているといえる結果となった。ただし、その割合はここ3年減少傾向となっている。

  • 「喫煙経験のある40歳以上の8人に1人にCOPDの可能性がある」ことの認知度(2018年12月調査)
2018_10.png

 

 

「COPDの主な症状が慢性的な咳と痰、息切れである」ことの認知度(2次調査 Q6)

2018年12月に実施した調査で、「COPDの主な症状は慢性的な咳と痰(たん)、息切れであることを知っていますか?」という質問に対して、「知っている」と答えた人は103人(93.6%)で、COPDを知っている人の9割以上がCOPDの主な症状を正しく認識しているといえる結果となった。この傾向は2009年の調査開始以来続いている。

  • 「COPDの主な症状が慢性的な咳と痰、息切れである」ことの認知度(2018年12月調査)

 

2018_12.png